中・上級になっても誤用が目立つ、言語活動での運用が限られたものになるなど、定着しにくいとされる文法事項を取り上げ、その指導ポイントを見直していきます。

今回は自他動詞に関する問題について、まず教師側の認識を整理し、学習者が混乱しやすい点、練習が不足しがちな点などを明確化します。さらにそれらを踏まえ、初級で導入する際、また中級以降での立て直しの際には、特に何を意識させた練習が重要になるのかを検討します。

オンライン開催の詳細についてはこちら

講座のお申込方法についてはこちら


お申込現在の受付状況の確認はこちら

お申込済み講座の確認キャンセルはこちら