ここでは、文型項目の違いや用法を理解することではなく、学習者自身が生み出す文の質を上げることを目標に、文法の強化ポイントとその指導実践を検討していきます。

今回は、日本の金封を題材にした活動例をもとに、見過ごしがちな説明文での助詞や文末部分の使い分けをどう意識させるかについて考えます。

また、我流で内容を次々につなぐ、意味はわかるが据わりの悪い文が多い、決まった述べ方から広がらないなど、それぞれの学習者でどのような練習方法が有効だったか、その違いについてもご紹介します。

オンライン開催の詳細についてはこちら

講座のお申込方法についてはこちら


お申込現在の受付状況の確認はこちら

お申込済み講座の確認キャンセルはこちら