主催講師より

1991年に日本語教師となり、主に日本語学校や教師養成講座で授業を行ってきました。現在は専門学校で日本語科目を担当しています。

Falia講座は日本語教師の学びの場になればと2012年に開設したものですが、ご参加の先生方の熱意と温かいご協力にずっと支えられ、今日まで続けることができました。

コロナ禍以降は講座数も縮小し、オンライン開催のみとなっていますが、今後の新しい日本語指導を一緒に探っていける場のひとつとなりましたら幸いです。



現在の講座設定

主に文法などの指導事項を見直す講座と、講師の授業実践をもとに練習方法を検討する講座とがあります。
原則2時間の講義+30分の質疑応答タイムとなります。
現在はおおむね月1回、月後半の土曜午後に開催しています。


オンライン/対面授業で常時活用しているオンラインツールを中心に、その使い方と利用の注意点を実際に試しながら確認・練習していきます。
受講時間は、その回の内容によって異なります。
不定期の開催となりますが、今後少しずつ増やしていく予定です。